山梨県考古学協会誌第26号の執筆者募集について

山梨県考古学協会誌第26号の執筆者募集について_marked (1)

広告

山梨県考古学協会2017地域大会開催のお知らせ

山梨県考古学協会2017年度研究集会 開催のお知らせ

◇日 時

2017年 11月25日(土) 午後1時10分~午後5時10分

2017年 11月26日(日) 午前9時10分~午後3時20分

◇会 場  帝京大学文化財研究所 大ホール  〒406-0032 山梨県笛吹市石和町四日市場1566-2

◇ 申し込み・資料代・参加費不要。どなたでも参加できます

2017年度下半期遺跡調査発表会開催のお知らせ(20170309)

山梨県考古学協会 第38回定期総会および記念講演会開催のお知らせ

会員ならび関係各位

時下、会員ならびに関係各位におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、標記のとおり第38回定期総会および記念講演会を下記の日程で開催いたします。
つきましては、公私ともご多用中とは存じますが、何卒ご参加いただきますようお願い申しあげます。
また記念講演会として、縄文土器に残された圧痕を「レプリカ・セム法」というシリコンで型どり試料化し、それを走査電子顕微鏡を用いて観察する研究方法で、ダイズなど多様な栽培植物の検出を試み、縄文時代の植物利用を具体的に証明され、さらに「縄文農耕論」を提唱した藤森栄一氏の業績を記念して創設された藤森栄一賞を2015年に授賞された山梨県埋蔵文化財センター所長の中山誠二先生をお迎えし、考古学の永遠のテーマでもある「縄文農耕論」についてお話をしていただきます。
会員外の方でも聴講できますので、お知り合いに考古学や歴史に興味がある方がいらっしゃいましたら、是非ともお誘い合わせのうえ、お越しいただけたら幸いに存じます。
総会・記念講演会日時・場所
[開催日]2017(平成29)年2月18日(土)
[総会]午後1時~午後2時まで
[記念講演会]午後2時30分から4時30分まで
[場所]山梨学院大学50周年記念館
クリスタルタワー6階生涯学習センター講義室(甲府市酒折2-4-5)
(総会・講演会ともこちらで行います)
記念講演会演目及び講演者
『縄文の森と植物栽培』
中山誠二氏(山梨県埋蔵文化財センター所長)
※2017年度分会費等の納入を当日は受け付けますので、是非とも宜しくお願いいたします。

 

%e2%80%bb2017%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

積石塚・渡来人研究会第2回総会 記念講演会「古代東国の渡来人を考える」開催のお知らせ

積石塚・渡来人研究会第2回総会
記念講演会「古代東国の渡来人を考える」のお知らせです。
%e6%b8%a1%e6%9d%a5%e4%ba%ba%e7%a0%94%e7%ac%ac2%e5%9b%9e%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b72ss_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1
記念講演会「古代東国の渡来人を考える」
講演
「古代東国の渡来人と俘囚」 講師 平川 南 氏(山梨県立博物館長)
「渡来人とは何か」 講師 田中史生 氏(関東学院大学教授)
「考古学からみた渡来人と俘囚の遺構・遺物」 講師 平野 修 氏(帝京大学文化財研究所研究員)
2016 年12月10日( 土)
午後1時~5時(開場:午後12時半)
申込不要・資料代 500 円
会場: 帝京大学文化財研究所 大ホール
協力:山梨県考古学協会
   帝京大学文化財研究所
後援:公益財団法人山梨文化財研究所
お問合せ:帝京大学文化財研究所 055-263-6441( 宮澤)

山梨県考古学協会2016年度研究集会のお知らせ

2016年度山梨県考古学協会研究集会

考古学からみた近世の治水技術

2016%e7%a0%94%e7%a9%b6%e9%9b%86%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

 

開催趣旨  近年全国では数多くの堤防遺跡が発掘調査され、調査事例が蓄積されています。今回の研究集会では、これまで発掘された堤防等の治水遺跡の情報を整理して、考古学的な視点から近世の治水技術の展開を把握し、中世・近代との比較によってその特徴を考えます。

主 催                     山梨県考古学協会

共 催                     帝京大学文化財研究所、山梨郷土研究会

開催日                     平成28年11月26日(土)

場 所                     帝京大学文化財研究所大ホール(山梨県笛吹市)

参加費                     参加は無料。資料は当日有料配布。

申込み           事前申し込みは不要です。

日程・内容

10:00      会場

10:20-10:30 開会挨拶・趣旨説明

10:30-11:20 「中近世の治水遺構の動向と研究視点」

畑 大介氏(帝京大学文化財研究所)

11:20-12:00 報告①「宇治川太閤堤の構造と技術」

荒川 史氏(宇治市都市整備部歴史まちづくり推進課)

12:00-13:00 昼食

13:00-13:40 報告②「旧利根川堤防跡について〜築堤工法の一事例〜」

渡邊理伊知氏(埼玉県埋蔵文化財調査事業団)

13:40-14:20 報告③「石川除と天竜川の治水」

馬場保之氏(飯田市教育委員会)

14:20-15:00 報告④「近代の堤防遺跡〜山梨県の事例を中心として〜」

斎藤秀樹氏(南アルプス市教育委員会)

15:00-15:10 休憩

15:10-16:20 討論

16:30      閉会

///////////////////////////////////////////

お問い合わせ 山梨県考古学協会 担当:望月

Email: aae29890@pop21.odn.ne.jp